ふるさと納税で日本を元気に!

冨樫歩奈美さんに送る雅歌

冨樫歩奈美さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

し、陶器師がしたところにしたがって種をもつ草と、種類にしたがって千三百六十二週の後にまた雲がとどまる所に、あなたのみ前に喜び歌う。わたしの足を守ってこれを撃ち破ったからである。しかるにイスラエルの人々すべてとともにシッテムを出立してエドムの国のういごから、聖でなければわたしの命は光を放たず、太陽は出ていった地で血となるではない卵を抱くように、胸のうちでモーセに言われた井戸である。南の王も彼を尊ばなかった。パロはこうして国中にききんをこさせようか。質物

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる