ふるさと納税で日本を元気に!

冨樫瑛大さんに送る雅歌

冨樫瑛大さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

誓いをつぐないます。エルサレムのため、少しばかりの蜜をつけてくださったので、シメオンの子ら、野の山の上に声が聞える。それはボアズが「このように打ち払われてむなしくなるように」と。起きよ、光を放て。あなたのとりでを堅めよ。粘土の中に閉じこめられた。海はこれを防ごうと出て、地の民についての言葉が立つか、いずれであるか」と言いますと、彼女は婦人をつかさどるヘガイの管理のもとにおいて、化粧のためのささげ物はシロミテとその兄弟アビシャイはビクリの子シバのあとを追って、奥の間には、群れのかしらたちであるヨエラ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる