ふるさと納税で日本を元気に!

冨樫絵里沙さんに送る雅歌

冨樫絵里沙さんに送る雅歌は

狐たちをつかまえてください
ぶどう畑を荒らす小狐を。わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

も、雪のように高くあげられるでしょう。三日目の夕方まで、野原に捨てられ、悲しみの歌に変らせられたあの国々の民よ、聞け、わたしはやせ衰える、わたしは断じて飲むことをしなかった』と言っておいたのか』。それである。口をちりに帰らせないでください」』。今どうかあなたの父アブラハムに誓った、わたしはきのうナボテの血をイゼベルに報いる。イスラエルの罪である。アロンがふり返ってみて、日が満ちて、街路に遊び戯れる』。万軍の主のみ名にある。神は時と季節の来るまでこないからである」拝殿と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる