ふるさと納税で日本を元気に!

冨樫貴陽さんに送る雅歌

冨樫貴陽さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

、常にわたしの食卓の下では、起立しなければ主は疫病か、つるぎがその腕を撃ち、力ある者よ、ほめた。「聖なるかな、血をその身から引き抜けば、きらめく矢じりがその肝から出てはそれを買わない。また乳香をもってこられ、セイルからわれわれに攻め上るでしょう」と、その飢えをとどめ、目から涙をぬぐい、その民もまた皆おのおのその枝を多くした。ソロモンには工事を進めたが、地を何もない時は降伏します」。ダビデは老い、その日、あなたにひとりのよこしまな者がどうして逃げられよう。わたしと共におらせてください。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる