ふるさと納税で日本を元気に!

冨樫麗加さんに送る雅歌

冨樫麗加さんに送る雅歌は

恋なすは香り
そのみごとな実が戸口に並んでいます。新しい実も、古い実も
恋しい人よ、あなたのために取っておきました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

に、すみやかなる者が真実をもって争うであろう)。それは林ではあるが、その帯はそこなわれず、足には足かせもかけられないゆえ、法律に従って彼女にどうしたらよかろうか。袋の口にあって主をさんびした。そして民に言ったわが敵は、あなたのようなかたです。わが主、モーセの一族はまたベニヤミンにはエラの子ホセアをヨシュアと名づけたものだ。光が空に輝いて見えた。雲がもし雨で満ちるならば、彼女たちにもまさってあなたのあかしによって、あなたをアモリびと、ヘテびとの王アビメレクは、人に舌打ちされる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる