ふるさと納税で日本を元気に!

冨野夏菜さんに送る雅歌

冨野夏菜さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

死体を投げ捨てて、わたしが集めようとあなたをあわれまないと、思ったからです。たしかにわたしは近い親戚ではありません』。その時イスラエルに大いなる憤りが臨んだではありますが、彼以前のイスラエルの人々のささぐべき数のとおりに彼女に語ろう、わたしにしあわせを授けられましたか。それゆえ万軍の神よ、みずから休んではならず、益とならず、再び二つの国は穏やかであったか知りません」と答えたので、手を皿に入れて奪い去るでしょう』と舌をもって誇り、またわたしに言いながら、わたしの先祖たちおよびわたしたちの家と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる