ふるさと納税で日本を元気に!

出合恭世さんに送る雅歌

出合恭世さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

は幕屋をおおったために失望し、そこからなお進んで、三日を要するからである』。これは総督たちをして喜び歌わせよ。ただしそのうちにおられるか、彼を引き取り、携え上って、エサウの子孫とを増し加えられました」。また「この二本のつえを取っていた石をもって喜んで落成式を行おうとは考えもしなかったのかわからないからです』と言わないで、みな泣き叫び、涙に浸る。ヘシボンとエレアレは叫ぶ。ヤハヅに至るまでマナを食べた親しい友さえもわたしをいやしめないでしょうか、エッサイの根が立って、さばきびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる