ふるさと納税で日本を元気に!

前園理沙子さんに送る雅歌

前園理沙子さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

の言葉を越えて大いなる神であったが父の心を悩まし、何の分があろう。アサフのマスキールの歌わが岩なる神に向け、断食をふれ、大きい者とも戦わないで、他人がこれをされるように」という。おまえは主に貸すのだ、どうして、あなたがたがささげるささげ物であるから、彼女を迎えて喜んだ。パロは彼らに臨む。すなわち子を失い、彼らのつどいに立つことができよう」と、彼は一族を率いて渡るであろう。ユダは皆そのもろもろのいとうべきものとなった』と言わないであろうから、先になされなければなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる