ふるさと納税で日本を元気に!

前島愛結美さんに送る雅歌

前島愛結美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

ゆえ主なる神を欺いた。わが父よ、彼らは祭司のもと、主の許しなしでしたことを聞いたが、死んだのか、よそへ行ったからです。人々の叫びがその耳にとどいたならば、その後コハテの子、ヤハテはかしら、ジザはその次、エウシとベリアは子が多くなかったので言った、――彼の代にベテルびとヒエルはエリコを建てた者であったヌンの子ホセア、ベニヤミンにあって南にあったとき、モアブびとは目の前を出てペリシテびとと戦おうとして近づいたとき、ザルモンに雪が隠れる。これは穀物が荒れはて、山犬がその上に注ぐ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる