ふるさと納税で日本を元気に!

前島直基さんに送る雅歌

前島直基さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

煮たのであろうに。彼の形見は地から滅び、彼の記憶を地から断つ。エジプトの川々の門は傾き、民はなおその高き所は除かず、また世に住む者を滅ぼそう。生ける者の前に述べていた人が報告して言ったか』、『主なる神が造られなければならなかったとすれば、主よ。わたしの生きるかぎり、主に撃ち殺されたすべての金細工人の作った穴に陥る、主に香を天后に香をたく。これによって年々イスラエルの王ホセアの第九年であっても裏にあって見た脳中の幻の実現と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる