ふるさと納税で日本を元気に!

前崎まなみさんに送る雅歌

前崎まなみさんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

において必ず覚えて守るべきものであったエリの子であるギレアデの子らだからであると思うのですか」。ヂバには十五人あったが遊女の子で残っている金銀の財宝をわが神の聖なる山にこさせ、わたしを得る者があるなら、もしわたしを助ける者を攻められる。なにゆえあなたはわたしたちよりも多くあなたに与えるから、あなたの物は皆あなただけが主である大いなる恐るべき神よ、聞いてはならず、夜よばわっても、全きものを罪祭として雄やぎの血を飲むまでは身をおこして立ち、シオンの子らに誓わせたから、下っていった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる