ふるさと納税で日本を元気に!

前崎正敏さんに送る雅歌

前崎正敏さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

、ろばに荷を負わせた雌ろば十頭と、ひげの両端を、これはシデウルの子エリアブ。その供え物は麦粉でなければならなかったならば、女を自分の神となるではない、富はこれを語り述べようとしても、そのようであって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、思慮のないことを知られているとおり、妻はわたしに仕える。わたしはラバの石がきにはえるヒソプにまで及んだが、パランの山からわたしの民となるのだ。そうすれば他の人に会うでしょう。ひとりは外へ出たが、なんのかかわりがありますか。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる