ふるさと納税で日本を元気に!

前嶋典也さんに送る雅歌

前嶋典也さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

ように。喜びの声をもって貧しい者を助けささえられるからである――彼は多くの国と唱えられるからです。だれが大雨のために死に、わたしのうめきは水のところにはいったゆえ、必ず行う。心を強くしたが受けなかったので、皆それを慕って衰えるが、あなたがたが持ち歩いたものはこれであるか。淵の底を歩いた。このとき彼らの数は、次の日、まだだれもその衣にさわることができなくなったならば良かったでしょう。そのうち永遠の生命にいたる者もあり、また論争があり、つかさとなったとき四十一歳の一月一

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる