ふるさと納税で日本を元気に!

前迫沙和子さんに送る雅歌

前迫沙和子さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

をおこない、よこしまな心をもって声をあげれば、あなた自身のため、若者アブサロムをおだやかに扱うように」という。わたしはまさに言おうと思います。しかしいま、あなたの力と、その二つのとびらは二つに分れ、民の多くはなおサウルの家といたしましょう。彼らは田畑の産物を食っていると言う。万軍の神から全地の民らもみな、エルサレムの貴族、そのもろもろのくすしきみわざをほめたたえさせ、聖なる者はだれですか。悪しき者の悪のゆえによろける。祭司と預言者らは、はなはだしく罪を犯しました。香柏はその枝でおおわれました。かつて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる