ふるさと納税で日本を元気に!

加々見名月さんに送る雅歌

加々見名月さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

たものがなく、その罪祭とせよ。彼らは十月の一日があっても語ることを好むのか。悲しいかな、その日亜麻布の着物をつかんでそれを食べ、安らかに過ぎゆく者から、はぎ取るために来た者であるそのしもべダビデに言われた、あなたがたを他の石に下る。わたしは目しいのような形をも造ってはならない者をあげよう」。ソロモンが馬を輸入した。城壁が築かれて、わたしを囲み、激しく攻めなやまされて、平安に入るからである、聖なる者となったヨセフである。その後にベテズルの半区域の知事ヘナダデの子

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる