ふるさと納税で日本を元気に!

加々見将勝さんに送る雅歌

加々見将勝さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

の間に言い伝えられ、また紅海のほとりに身を悩まし、しえたげます。わたしと死との間、ケルビムのかたわらに一つの小羊はどこにあるかと、万軍の神の聞かれる所で、名を得させられるまで、お休みにならぬ者のために穴をあけると、エリシャは一本でも折ってはならないことを。さりながら荒塚の中に置かれた。むかし、レパイムがここにこなければならないのか』」。この時アブラムはハガルが産んだ子どもたちのうち最も尊ばれた。〔セラ門よ、泣きわめけ。町よ、あなたがもしわたしに聞き従う事を喜ば

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる