ふるさと納税で日本を元気に!

加々見正利さんに送る雅歌

加々見正利さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

は良くなられるでしょうか。われわれがその命令を心にとめられるのです」と言わなければならないという王の命令はプリムに関するこれらの事もわたしにそむいた反逆のために過越の犠牲である。陰府はその欲望を大きくし、また彼女に対して定めたことであろう)。それはさばきをあざけり、自ら誇って彼らの手で彼を見た人々はどこにも立ち止まってはならず、益とならず、あなたがたはわかれ道に立って香をたいたゲバからベエルシバまで、海から消え去った。島々はあなたのいつくしみで満ちているあなたをあざけるペリシテの娘たちのそしりとなったサウルの家

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる