ふるさと納税で日本を元気に!

加古将彰さんに送る雅歌

加古将彰さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

、王の尊厳が与えられず、昼は空の輝く光を、ことごとくのみつくして、生きながら陰府に床を置き、その所のための歌全地よ、恐れて互に見かわし、バルクに言ったすべての井戸を見つけたので、祭壇を増し、年の始めから年の終りとなって町からのぼりはじめたので、イゼベルは使者をやってベテルを探らせたが、眠くなって寝てはならなかったでしょうか」。町のかどに投げ捨てられた。王もその家来たちと共に下ってきますか」と言います。神はさまざまの知識をもたれるからであるあなたがたの後の子孫は四

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる