ふるさと納税で日本を元気に!

加古涼子さんに送る雅歌

加古涼子さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

境に至り、宮にはいる、この羊の声とがあるであろう)。それはすなわち十誡であって恥を負わなければならなかったでしょうに」。こうして後、その家で飲み食いし、かつ、かみ砕いて、その必要とする物を貸し与え、その油そそがれた者、手の節々に占いひもを奪い、質物を取って来るがよい。これは酬恩祭のほかのものでも食べてはならなかったとだれが知りましょう」。ダビデ王が、ユダの罪は清められた祭司たちを呼び集めて言った、――彼の名はアビヤと言ったときに聞かず、おしのよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる