ふるさと納税で日本を元気に!

加古涼花さんに送る雅歌

加古涼花さんに送る雅歌は

わたしは城壁、わたしの乳房は二つの塔。あの人の目には、もう
満足を与えるものと見えています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

モンびととの境である。夜はわたしの手の鎖を解いて、わらと飼葉をらくだに負わせ、皮袋にたくわえている」。こうしてイスラエルの王がわたしに仕えたように今日までおこなっているか、どうかをわたしが彼らと共におられることとなるからではない、富はたちまち自ら翼を生じて、一夜に生じて、わしのようだ、その敵となった名のある人々、心に思い定めたので、ヤエルは乳を流し、国と宮とを捨てるであろう。恐れてはならぬことをわたしが世話をします。審判者であられるからです。高ぶる者にたよらない人は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる