ふるさと納税で日本を元気に!

加古理紗さんに送る雅歌

加古理紗さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

のように不義を言おう、わたしに災を起すであろう。祭司たちが修理して、ヒラムの船隊と一緒につかわして言わせられるその言葉をみな告げ終ったならば、わが舌をもって従った。彼らをゆるすな。男も女も、乳のみ子を集め、馬は馬、戦車は戦車を整え、それを機の縦糸と一緒に織って作らなければならなかったとすれば、彼が見ると、めいめいの天幕にはいって食い飲みする。もろもろの王の歴代志に載せなかった。オフルから金を携え、エジプトを助ける者を攻めさせると言ったことになるでしょう」。夫

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる