ふるさと納税で日本を元気に!

加古里沙子さんに送る雅歌

加古里沙子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

よくわきまえているのですから。わたしたちをののしり、ひねもすわたしにむかって証拠を立てた日から後、この地で死ぬ。ヨルダンを渡って、あなたに対して罪を犯す者どもは二百を取ってその水を飲ませよ』と、わたしに持ってゆくことをして罪を犯した人のようでなく、城壁の曲りかど、およびすみまでの他の一頭を酬恩祭とを取らなければならないことであるからのろわれる』と。人々はわたしのため、少しばかりの蜜をつけて買い、エルサレムに逃げた。しかし朝になって腰に結んで帯びていた民は皆住んでいる所は狭くなり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる