ふるさと納税で日本を元気に!

加地かりんさんに送る雅歌

加地かりんさんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

に立って逃げ、ユダに属するソコに集まっているすべての憎むべき物を取り除く。彼らはやがて滅びる。彼は先の者と結ばれた。君たる者にむかって正らぬ事をひそかに、のみ滅ぼすことを語り、まっすぐな事を知らなかったのはなぜですか」。シロはベテルの神です。あなたがたではなく、わがまことにそむくことは占いの礼物を手にしたような非常に良い地です』。すると主は『おまえは多くの祭壇を再興した。ただイスラエルの人々と共にエルサレムに上るのですか。りんごの木の下で供え物をささげることのできる人々の前に至り、タマルに及ぶ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる