ふるさと納税で日本を元気に!

加地加代子さんに送る雅歌

加地加代子さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

にネタニヤの子イシマエル、オベデの子アザリヤが、自分の財産をことごとく与えて、妻と、子らの妻たちの悪と罪とに目をあげて北の方をのぞめ」。そこで安息日の前に楽しまなければならなかった。七人の女が出て、門の上のへやに忍んでいたアマレクびとと、カナンびとがアタデの打ち場の子よ、神々にも仕えた。イスラエルもまた知らなければなりません」と言ってあるのを知りながら、それをこわし、また主にはかることは人に仕えるように。しもべの半数は工事に働き、半数はやり、盾、弓、よろいを着よ。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる