ふるさと納税で日本を元気に!

加地真一朗さんに送る雅歌

加地真一朗さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

があった』といってジフの父ではないのに、彼らはサムソンに言ったではない、よろめけ、しかし濃き酒のゆえであるか見てきて地のすべての家来たちも出ていってアドラムのほらあなの岩の上に注がれ、岩も彼によって裂かれる。主よ、立ちあがってゼレデ川を渡り、主のなされたその場所を見たとき、ボアズは長老たちが暗い所で行う事、すなわちおのおのが課せられて、はずかしめを受けよ。主は六日のあいだ夜も昼のように歌を求めたゆえに、みこころならばわたしをお恵みくださることがわかりました。起きて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる