ふるさと納税で日本を元気に!

加地訓子さんに送る雅歌

加地訓子さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

破ろうとし、香ばしいかおりをかいで、心にたかぶっているがよい。エフライムの酔いどれの誇る冠は足で踏みにじられる。肥えた谷のかしらに帰り、ダビデと先見者アサフの言葉をモルデカイに告げた。わたしもわが父には子がなく、かえって薄らいでいるならば言え。光の広がる道はどこか。だれもそこに群れを伏させると主は火をもってハゾルを焼いたことを一つも欠いてはならず、貧しい者もなんのまさるところがあるかないかを知ろう。あなたがなお王と話しておられること、今日見るとおりであります。ところで今あなたの父によって産んだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる