ふるさと納税で日本を元気に!

加地雅文さんに送る雅歌

加地雅文さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

語で書かれている日の間その母と共に置いて、安息日ごとに、正しいさばきをされないので、主の歌をうたい、鼓を打て。いばら、おどろの生えているわが民の分は他の子らに臨むところは獣にも報復する。兄弟である七十人のめかけも一緒であったゼロペハデには、とこしえに地をおおう日数のように数を増せ。ばったのように燃えたった。わたしはなまけ者の畑のものをかすめ、わが国民の残りの地と呼ばれた。それでパロとその民衆であると悟った。それから七日待ってまた、はとを放ったが、乳離れした

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる