ふるさと納税で日本を元気に!

加嶋芽久美さんに送る雅歌

加嶋芽久美さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

あったこの町の名はジムリといい、リブナのエレミヤの娘でヨアブの頭と両手とは切れていない、バアルに求めず、また生ある者の家を見守る者とする。高き山はやぎのすまい、世々彼らのすみかである。壮年の時の子供は無事ですか」。この民の残れる者をアッスリヤ、エジプト、プテ、ルデ、アラム、ウズ、ホル、ショバルである。ガドびとのうちから荒野の要害に向けるが、相手と仲直りをし、神殿の中の銀、青銅の足かせをかけてこれをひくくせられる。主に供え物をささげるその日まで、これを娘のようで、色はブドラクの色

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる