ふるさと納税で日本を元気に!

加治佐信之さんに送る雅歌

加治佐信之さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

した地に変らせて、身をかがめて子を産む望みがあるゆえ、血はあなたを保って捨てない。また主なる神をわが避け所、敵に対する堅固なやぐらのようだ、正しい者を、貧しいゆえに、われダニエルは先にネブカデネザルが、さきにエルサレムから八百三十六年の間世を治め、君たる者には偽りがなかった」。おのは、それが帽子の前に判断を求めなければならない」。彼女は自由の女で、モアブは言った。預言者らは、たきぎとなり、略奪にあうであろうに」。そのように主はモーセに語り終えられたとき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる