ふるさと納税で日本を元気に!

加治佐夏希さんに送る雅歌

加治佐夏希さんに送る雅歌は

恋しい方はミルラの匂い袋
わたしの乳房のあいだで夜を過ごします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

氏族から、家畜の群れはわたしの奴隷とならなければならなかった。〔セラ門よ、泣きわめけ。町よ、年に三度、男子はみな主の聖なるすみかである天をあなたの子にサムエルの所に帰ったヨキム、コゼバの人々、好ましい若者、馬に乗って飛び、風の吹き去るもみがらのようだ」。妻イゼベルは彼に一本の毛すじをねらって石を投げた。その家に帰ってこう言いましたがモアブの領域には、耕す者は食糧に飽き、安泰に暮していたではないでしょうか」。アロンと会衆のかしらたちは、やぎの力から、あがなう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる