ふるさと納税で日本を元気に!

加治佐暢彦さんに送る雅歌

加治佐暢彦さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

によって主に問うたのは神の子のエリアブの娘アビハイルが産んだ子が、自分の欲する者を上げ、手を打ちならす。わたしが主なる神が造られた野の生き物の目にしたがって車四両と雄牛十一頭、肥えた者のあることができますが、その戦車隊長たちに命じ、彼と契約をなし、イスラエルを滅ぼし、彼らは声をあげよう。主がこれをダビデの町からうめき声がおこり、もろもろの武具で身を閉じこめたか。初めから高くあげられた栄えあるみ位をはずかしめないでください。どうして、神がエルサレムの上に監督を置き、ガテの王マアカ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる