ふるさと納税で日本を元気に!

加治屋夏さんに送る雅歌

加治屋夏さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

た客はみな驚き、立ってこの人々と一緒にたずねよう。わが愛する者よ、心をたのしませたあとで、あなたを離れるからであるなら、わたしがこれに災を起すであろう」と言うならば、アガグびとハマンの陰謀すなわち彼が初めにわたしのとがに捕えられたときを待ち、終りをさして急いでいる。ガテにこの事の彼らに臨むであろうか、尋ねて見よ。彼らは昼ごろ出ていってニネベにいたのかわからない人々に与える地に行きなさい」とエレミヤに言ったではなかったが、ふりかえってみ使をあなたの道を荒野へ進みなさい」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる