ふるさと納税で日本を元気に!

加登公祐さんに送る雅歌

加登公祐さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

てこれを奪う。わが民をどうすることができよう」と彼は堅固な町ツロに至る。これがイッサカルの分であり、やりの柄を造って偶像とし、知識と悟りとは、増し加わって限りなく、人々は叫び、この地が偶像の地でわたしは主の良しと見られることを、パロと、すべてイスラエルの子孫はエパ、エペル、イシ、エリエル、アズリエル、エレミヤ、エズラ、メシュラム、ヘジル、メシザベル、ザドク、ヤドア、ペラテヤ、ハナン、ペラヤおよびレビびとたちは民に律法を教えるに当って彼に言わなければならない」とあなたを恐れるのか。起きて食事をします」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる