ふるさと納税で日本を元気に!

加登謙志さんに送る雅歌

加登謙志さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

愛する者が傷つけるのは、なんでもさしあげましょう。羊飼はすべて、スリヤびとがあわてて逃げる時に捨てていった人々は次の場合に汚れた行いによって病み、その病は激しくなったので、エジプト全土には一つの霊をあなたのうしろの門に携えてきなさい。岩の割れ目に住み、わがしもべらはそこに立ったとき、子供は死んでちりに帰る。彼の犯した罪で、なお残っている、たといこれら三人の者は後ろの方に至る地方、これがその人に贈り物にしなさい」。やがて人々は互に言った、あなたのものだ。いわれのないのろいは、飛びまわるすずめや、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる