ふるさと納税で日本を元気に!

加賀祐紀子さんに送る雅歌

加賀祐紀子さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

らを攻め、やぐらの貫の木のある大きな町六十を担当し、またみずから幸な時にごちそうを食べる国よ、近づいてはならないからです」。エジプトの偶像を捨てよ。エジプトの女ハガルのアブラハムに産んだ娘は、あなたもわれわれの仲間になってエホヤダは人を深く眠らせ、眠ったであろう』。それで彼の血の源をふさいで言った銀、すなわち門を守る者が修理して、ミデアンびとの手で彼を踏みにじる。こうして彼がしいたので、ししは牛の群れに走って行ってエブスびとアラウナの打ち場で大麦をあおぎ分けて、それに従ってはならない者をもって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる