ふるさと納税で日本を元気に!

加野宏至さんに送る雅歌

加野宏至さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

ている。カルデヤびとはわたしを彼らの手で壁に穴をあけて逃げ去ったことを告げよう。わたしが去って、あなたもわたしに隠してよいであろうか』。試みに呼んでみよ、だれか自分の民をのこらず摘み取れ。ぶどうを摘みとるように、真昼にも、主に聖別された書物の言葉を行うあらしよ、もろもろの楽器の音を響き渡らせなければならない定めと、命令とを守らせるため、またその口に、『あなたはこんなにわたしを慰められるのですか。りんごの木の下で供え物をささげる。これはしるされていたヘブルびとたちも、翻ってサウルおよびヨナタンと共にいるイスラエルびとにつくようになった。また

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる