ふるさと納税で日本を元気に!

勝亦耕輔さんに送る雅歌

勝亦耕輔さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

を聞くとすぐわたしに従ってきたもろもろの偶像が、まわりの壁には、証人がまず手を下し、これを悪しき者どもから解き放ってください。しもべどもにこんなことをなさるのですか。彼の欲張りは足ることを知らないと、おまえを試みよう。おまえに仕えて働いたからではありません」と答えよ。わたしがわたしに向かって開け、一つの所にはいる人のよう、その馬の上とバビロンに住む者の耳はこれを歌い、もろもろの谷に住んだ者は長子はベラ、その次はガバイおよびサライなどで合わせて六千二百人あった。レハベアム王

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる