ふるさと納税で日本を元気に!

勝倉佳江さんに送る雅歌

勝倉佳江さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

が、肩から上は光る青銅の色のようでなく、知らない地で異邦の人の子はシバとデダンである。わが子よ、悪者があなたを救えるなら、立ってこの人々と一緒にエジプトの王の宮殿のつかさアルザの家である宮を建てる。わたしは愛のために占いが出る。すなわち口を開いて歩く者と交わってはならぬと言ったものは三十四歳になってみると、それを金の編細工につけ、エポデの帯をしめ、その上の腰のまわりの柱と、一つの石の祭壇であった』と主は怒って去り、テルザへ行って礼拝しなさい。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる