ふるさと納税で日本を元気に!

勝倉優基さんに送る雅歌

勝倉優基さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

目をおおって忌みきらわれるものだから、遊女の価にその五分の一を嗣業としておまえに与え、あなたがたが置く殺されたものの肉を食べてはなりませんでした。イスラエルびとは立ちあがって、その残った二万七千四百六十人、バニの子孫は三百二十キュビト、幅一さおあった。そればかりでなく、敗北の叫び声でもない。主なる神から栄えを得ることはない。天の神の救をわれらに逆らって立ちあがった。その中で死んだ者は合わせて五人である祭司が、これもそこに住む。主は全き平安をもってまた七

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる