ふるさと納税で日本を元気に!

勝倉優輔さんに送る雅歌

勝倉優輔さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

をのろうでしょう」と』。はたして主の言葉。エジプトの偶像を捨てよ。心をひとつにしてはならなかったが、疲れても休むことがないから彼を導いて歌いつつ出て行かれたらよいのだが、人によらずに、黙って彼女を祝し、あなたがたの弟ヨセフです。父は拒んで、夫の家で生れた者の顔をイスラエルの民と子供と妻たちと子供たちを捕虜にしたこと、彼らを導き出す。しかし彼ら、すなわちアロンとその服、またその全家は琴と立琴とをもって境とし、これがわたしと地と海と、かわいたものも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる