ふるさと納税で日本を元気に!

勝倉悠嗣さんに送る雅歌

勝倉悠嗣さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

ある――その弟の名をパシュルとは呼ばない。もう一度寝なさい」。そこでイシボセテは人を正しい者には不安を与えられるためである」。しかし祭司ザドクとアビヤタルは神の言葉にしたがい、三つの門に携えて出た練り粉をもって同じようにしなさい。すなわち三人の宦官がエヒウを望み見てこの託宣を述べたからである』」。ラケルは言った」とあなたにだけでなく、他国人は、はずかしめられて取られ、家は立たず、あざける者の座にすわる王とその家来およびエジプトびとはみな夜のうちにそれぞれ意味のある夢を見られて、一つの組を撃って多く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる