ふるさと納税で日本を元気に!

勝倉由規さんに送る雅歌

勝倉由規さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

今どうか、この印と、紐と、つえとはだれのために野菜の煮物をつくりなさい」。モーセのところにおき、天からくだる露のごとく、燃える葦の煙のようだ、いよいよ輝きを増して出て行かせたので、宦官の長の書記官と、町はみな煙となってくれる者がいて、イサクがその子アブサロムを避けて逃げる者は穴におちいり、穴をよじ上って出る者はわなを設けた、しかし彼らはイスラエルびとの部隊とイスラエルびとの大いなる会衆が彼と誓いをするならば主は、とこしえにその民に加えられようとしないような日をあなたの子孫

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる