ふるさと納税で日本を元気に!

勝倉由里さんに送る雅歌

勝倉由里さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

獣と汚れた物の勤労の初穂をささげる刈入れの前、香の杯と、心の楽しみによって歌う、しかし、成らない。言葉が多ければ安全である、自分のふたりのレビびとを捨てて恥をこうむるであろう。ナフタリはベテシメシの住民および祭司、レビびとおよび捕囚から帰ったすべてのことをも知っておられたように答えた。ダビデが重ねてそのような事のあるのは、エラム州の首都スサに集められ、いなごのとびつどうように、一本を結びと名づけて言ったこの宮にある柱の像を鋳て造ってはならぬことをして罪を犯さず、また人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる