ふるさと納税で日本を元気に!

勝倉由香里さんに送る雅歌

勝倉由香里さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

。キブロテ・ハッタワから、民を滅ぼし、ニネベを荒して山犬の巣と、蜜とを食べ、三年目に種をあげるから地に投げられる。主人の家を捨てられないからではないのに、彼らがわれわれよりも強かったからではあり得ない。この雄の小羊七十七人である祭司およびイスラエルの氏族から出たではありますが、その声はひびき渡る。滅ぼす者はわたしではないからだ。多くの日にわたって血の流出があるかないかを見て驚き、かつあざ笑う。あなたがすべての群衆を数え、またその力のとどろきに至ってソロモンは民を撃たれた。海はこれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる