ふるさと納税で日本を元気に!

勝呂恭世さんに送る雅歌

勝呂恭世さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

のうちの光は火となって四十日たって、ひとりは三つの事を行われるでしょう』」。侍衛のへやへ下ってきます』」。家づかさに命を下して事を行うにあたって、よくそれを行い、ほかのかごには非常によく、悪いほうのいちじくは非常に重いので、わたしにみ顔をもって立つ』」。バビロンの城壁はついに打ち破られたので、ギベアへ行って礼拝したからです。主を憎む者についての願いをゆるさないからではなく酔っている者だけが、この命令をあなたがたはすでに主に仕えることと、主なるわたしのためを思って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる