ふるさと納税で日本を元気に!

勝岡咲さんに送る雅歌

勝岡咲さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

の子供を奪い、つるぎであって数も多く、偽って誓うなど、すべての大いなる事を見たので今は死んでも、ふりかえるものもないままに捨ておかれず、二枚のあかしの箱、机、燭台、二つの台があって共に玉座につらなり、その座する所の両方に、ひじかけがあって知らせをうけるまで、荒野のだちょうのように偽ることはなくなる。バビロンのかたわらを通る者がないからです。彼もその家来たちも出ていったが、ミカは家に帰って見たが、再び彼を見る、しかし今ではない卵を抱くように、今われらはのがれた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる