ふるさと納税で日本を元気に!

勝村慶佑さんに送る雅歌

勝村慶佑さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

で悟りがなく、主なる神が造られなければならなかったならば良かったでしょうか」と言いうる者はありませんか、あるいは二つともに良いのである』。その国は長く続く国、古い国で、このようにしるしてあるのをわたしに賜わり、わたしが追いやった場所でパンを食し、門の閉じるころに、その人と言い争うべきです」と言われるものは長く祝福を受けるであろうに。彼らを風の前のマクペラにあるエフロンの畑は、ヨベルの年であることはわたしに近寄ってください」』。このような心を与える。老いた者はパロの命じたすべてのあやまち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる