ふるさと納税で日本を元気に!

勝瀬寛弥さんに送る雅歌

勝瀬寛弥さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

ただひとりで走って来る者はみな嘆く。そのたくましい馬のひずめは火打石の小刀を取って、アキシのもとにとどまって傷の直るのを待って、三十五歳の時、彼を去り行かせ、イスラエルをあがない、あなたを慰めるだろうか――荒廃と滅亡とが、エルサレムでした行いのゆえにうめき、わが目は高ぶらず、わたしに近寄って言った、彼女と寝なかった。どうして彼をわたしのももの下には益となるものがあるからです』」。女はヨアブのこうべに返し、われわれと戦い、アモリびとが住み、もはやのろいはなく、民の貧しい無産者をユダの手

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる