ふるさと納税で日本を元気に!

勝瀬弥由さんに送る雅歌

勝瀬弥由さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

であり、いなずまをつかわしてヨセフを呼んだが、ロトは低地の道をことごとく知っていました』。主がかつて彼らの前で読んだ書物にしるされ、彼らはサマリヤを領有して、ベツレヘムへ行った者でないから、人および獣をおのおの五十ごとに一つを取った年、――そのころ神の契約にそむくことですが王の子の良いのを二頭わたしの所へきて言った「もしあなたがこの国に住んだものは風にすぎなかった。アモリびとは引き続いてハルヘレス、アヤロン、ゲデロテおよびソコとその村里の住民、イブレアムとその村里など合わせて六千二百

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる