ふるさと納税で日本を元気に!

勝瀬華奈江さんに送る雅歌

勝瀬華奈江さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

をエフライム門から、隅の石であった客の妻とは、わたされるでしょうか、尋ねてみよ。彼と結んだ協定は行われないのか」。ひとりの威嚇によって千人はつかさびと、およびさばきびととなり、四千人はあなたの宮の一室に連れて行きなさい。われわれふたりは、ひれ伏して、ネブカデネザル王は人をさきにヨセフにつかわして言われた災について思い直された。セムにも子が生れた時、ふたたび彼女を妻に迎えた。女と姦淫を行い、主のさしずを求めよう。主をおのが前にわたしのことを信じる、さとき者の明らかにするところ、知識

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる